スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くへ行きたい んん~♪ んん~♪

この夏は
『青』
だと思いました。

tonosyo.jpg
なので青い海と空が出会うところを目指して旅に出ました。


長年暮らす街、
tokyo.jpg
をあとにして


飛行機でひとっ飛び・・・・・
enoshima_convert_20120814113356.jpg
子供の頃を過ごした海がはるかしたにみえる・・・・・


もう少し飛ぶと~~
fujisan_convert_20120814113231.jpg
数年前に初登頂した富士山の山肌もみえてきた~~~


空港についたら特急に乗り換えます。2両しかない。めっちゃ車体が左右に揺れます。風光明媚なところにさしかかると、速度がゆっくりになって、「こりゃ、故障で止まるんじゃないか(汗)」と思っていたら、ボーーー♪と汽笛を鳴らしてまた元気復活。
tonnel.jpg
もしや写真撮影用にわざとゆっくりしてくれたのかしらん?


自宅から出発、自転車→電車→モノレール→飛行機→電車→船→バス・・・・ 
dokokatokuhe.jpg
と、なんやかんやでわたしも無事、遠くへ来れたようです。



子供の頃から母にきかされて、憧れていたこの島へ、やっと来れた!!
嬉しくて夢中で
dassyu.jpg
走り出す!!!


走り出〜っしゅ!!!
hasiridasu.jpg
うわ~~~ほんっとに来たんだああ~~~~~♪



自転車を借りて島内をめぐります。映画で見た懐かしいところ、母が話してくれた記憶をたぐりよせながら目に映るもの全てを心にきざみこみます。
bisan_20120815135837.jpg
静かな浜の夕暮れ・・・・・・




ん~~~♪ んん~~ん♪ んんんん~~~ん~~~♪ 
dokokatokuhe-2.jpg
はい、ながめていたいです。



なので



ちょっとたそがれながらスケッチしてみました。
higatanohama.jpg
もしも穏やかな時間の流れに色と形があるのならきっとこんな光景なのかしら・・・・・



色がなくたって、モノクロでもこんなに美しい時間がみえる。
kinensyashin.jpg
誰もが昔は子供だった。



浜には陶片がいくつもありました。新しいように見えても何十年もたっているものがほとんどらしいです。
higatanohama-tohen.jpg

この器でいただいた朝ごはん、昼ごはん、夕ごはん・・・・ああ、美味しかったろうなあ。だって、採れたてお野菜にこの海の恵み・・・・ピチピチ!!

おお!!
P8040608_20120815152937.jpg
ピチピチっと跳ねてるよ!!!ちっちゃくてよくわかんないかな・・・


宿のロビーには昔の櫛やかんざし、鶴や松を彫った本物のべっ甲細工の精巧なつくりにびっくり。
kushi.jpg
ひとつひとつが宝の輝きです。

昼間はほとんど自転車で炎天下の中、泳いだり走ったり。クタクタのはずなのに、お部屋にテレビがあったので、オリンピックの応援にもえました。


朝になり、また自転車の旅。


とちゅう、出会った
(うし)
aousi.jpg


(とら)
tora.jpg


夏休み豆知識コーナー 艮神社(←うしとらじんじゃ、って読むんですね!)


灯篭の上にトラ猫
toro-neko.jpg
このお寺でスケッチ中、島内放送で今度撮影がある映画のエキストラを募集であることを知る。昔から映画と密着した島なのね。



たしかにどこを歩いてもドラマチックな絵になっている。細い坂道がくねくねと続いてまるで迷路のようです。
aruko-syoyu.jpg
さあ、醤油の町並みをそぞろ歩き。



ほんとに遠くの街へ来たんだニャ~~
dokokatokuhe-3.jpg
この歌がじーーーんと胸にしみてきます。


林芙美子さんの小説でも再訪の感激をあらわした見事な一節があります。
fumiko7_convert_20120814113810.jpg
海と山、ああ、わがふるさと・・・・・


望郷の想いでぽけーーーっとしていると


おっとそこへ緊急出動命令が!
genba_convert_20120814113847.jpg
へ直行せよ!!!


到着するとそこには



inu_20120815140043.jpg



saru.jpg


カニ
kani_20120815140041.jpg
相性のよくないものばかりが集まっとる。こりゃいかん。けんかになるぞ~。



っと思っていたら、みんなけっこう仲良く解決。めでたしめでたし。
やれやれ、ほっとしたら鎖場を登りたくなった(ふつうのぼるか、そういう心境で
isizutiyama2_convert_20120814114341_20120815140042.jpg
おかげさまで石槌山に登ったような疑似体験ができました。



野生のカブトムシくんに遭遇。
kabutomusi.jpg
初めて見ました。『野生』。証明はできないけどたぶん野生。


炎天下の縁の下ではミニミニ子猫がいっちょまえに顔を洗っていました。仕草はもうオトナなんです。
kenkiti-neko1_convert_20120814113656.jpg
この周辺には同じような色合いの子猫がいっぱいいました。



下駄履きがよく似合う石畳の街並み。ふとみあげればこのような門が!
geta.jpg
まことに大きな草鞋であります。(足の黒さはごかんべんを



美しい蓮の花といっしょにポーズ。
hasu.jpg
泥の中でじっと耐えしのんだエネルギーがいっきに開花しています。



お堀にはタイの群れ。タイの餌やりを初めて体験。ハトがみょうになついてくるので、どうしてかと思ったら、こぼれたタイの餌を食べに来ていたのでした。
hato-tai.jpg
タイとハト、みごとに共存共栄。



でも港に行けば桟橋のすぐよこがまるで水族館のように綺麗なのです。タイやヒラメの舞い踊り~~~ウミウシもいたな。
ryugujyo.jpg
光と影と波とが織り成す自然の芸術品です。



ちゅっぱちゅっぱ・・・・・お寺のお堂のよこでは子猫がお母さんに甘えています。
oppai-neko_convert_20120814113521.jpg
かなり近づいてもぜんぜん平気。



そこへ影武者のような黒ネコさんが!
kuroneko_convert_20120814113724.jpg
シュタッと現れて・・・・・


あ!!


kuroneko-kieta_convert_20120814113441.jpg
消えた・・・・・




まるで猫の神隠しです。
senkoji-asahi.jpg
同じ時間に同じ人間(猫)は同時には存在できないんだ(『時をかける少女』のなかの言葉)



ということは、あの黒猫さんの生まれ変わりがわたしの近くに来ていたのかしら??
yugata-tori.jpg
誰もこたえてくれないから、海をながめながらひとりで考えてしまいました。

それにしても

なんて綺麗な空なんでしょう!!

setoda-asahi.jpg

♪空は黙っていても何かを教えてくれる・・・・・・たしかトランザムの歌であったなあ。。。




しばし瞑想




ちょっとちょっと~お空もたしかにキレイだけど
sexy-neko.jpg
せっかくこんなポーズしてあげたのにあたしの

写真はいいの???
shashiniino.jpg
ん!?!?!?!?


まあ、とにもかくにも
美しいとはこのことか・・・なあ~~~んて感激しっぱなしの旅でございました。
yuri.jpg
あらゆる生き物たちがすべて命でつながっているのだなあ・・・・


だからね・・・・・・・

続きを読む

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

沖縄のマルガリータ

個展以外の時間をどのように過ごしていたかと申しますと・・・・
ちょっと旅日記風に綴ってみましょう。

羽田から那覇への空の旅、今回の空弁は福井の丸海食品の新製品、焼きさば鮨です。

じつはお弁当屋さんですでに横浜チャーハンを手にしてレジに向かっていたのですが、ご夫婦連れが「あら、横浜チャーハン、なくなっちゃったわよ」というのが聞こえたので、そーーーっと戻しに行きました。そして代わりに選んだのがこちらです。もともと子供の頃に福井に住んでいたことがあるので丸海食品の製品はお気に入りです。
美味しくいただきながら窓の外をながめると気持ちの良い青空。
aozora.jpg
遠くに別の飛行機が飛んでいるのが見えました。







そしてそしてーーーーー





眼下にも紺碧の海が~~~~~~!!(上の写真をそのまま上下ひっくりかえしてみました)
aoumi.jpg
海とも空ともいえる世界です。わたしの描く絵を同じように表現してくれた方がいたのを思い出しました。

那覇に降り立ち、地上の世界にもどります。
空に向かって手を伸ばし、「はたして、今回はあの四つ葉をつかめるのだろうか!?」首里城で手がつりそうなポーズで撮影会です。
te.jpg
わたしはこの城壁を登ることはできないけれど、かたつむりさんは出来る。
かたつむりさんは空を飛ぶことは出来ないけれど、きっとわたしの知らない幸せを知っているんだろうニャ~
katatumuri_20120427100603.jpg
しかし、この大きさにはにゃんぎょひめ、びびってしまいました。まるで主です。

ちょっと歩くと・・・・・近くの池には亀さんがいっぱい。
kameyama.jpg
池の中にはカラフルな鯉さんがいっぱい泳いでいます。

あら、春ですね~~~~~
kame.jpg
ポッとほほ(くちばし)を染めて通り過ぎる鳥さんであります

くつろぐ鳥さんと猫さんたち。
nekotori.jpg

にゃんぎょひめたちも仲間にいれてくださいますか?
akaneko.jpg


生き物たちがみんな仲良く暮らしている
sisa.jpg

あらゆるものが全て美しく、見つめるごとに新しい発見があるのです。
getto.jpg
目に映るものが輝き、勢いがあります。

夜になると、どこからともなく夜来香(イエライシャン)の花の香りをなんども感じました。
くちなしの花の甘い香りにうっとり~~~~
kutinasi.jpg

海に行ったら~~
bisan.jpg
ホイップクリームのような波~~~
まだビーチには誰もいません。

アダン(パンダナス)の木の下に寝っ転がったら、わき腹にヤシガニの赤ちゃんがごそごそ・・・・・あん、くすぐったいにゃん!
yasigani.jpg

あれ・・・・・

にゃんだかうとうと眠くなってきちゃった・・・・・・








続きを読む

テーマ : 猫写真
ジャンル : ペット

富士山に魅了され~~

富士山に登ってきました。
110822_161644_20110824074845.jpg
時折小雨が降る中登り始めた富士山。でも晴れ間がのぞくと虹が出て、疲れた顔がホッと笑顔になります。わたしと初めて登るお友だちふたりでの女子チーム。
CIMG2535_20110824074845.jpg
8合目の山小屋まであと少し、というところで一緒に行った友だちが歩けなくなり、わたしが彼女のリュックも持ってなんとか到着。満天の星空の輝きに目がうるうる・・・・・・

なのに・・・

数時間後、ご来光を拝むために頂上へ出発する時間になると、そとは大雨に強風で、とても歩ける状態ではなくなっていました。プロの方々の判断をきき、朝になったら下山することに。 5時ごろまで横になり、風の唸り声を聞きながら朝ごはんのお弁当を食べて慌ててしたく。着れる物はすべて着こみ、各自靴をもって玄関へ。 山小屋に祭ってあった祠に「無事下山」を祈念。 ふと、6合目の山小屋を過ぎて落石避難所あたりにきたころ、わたしは山小屋に毛布を忘れてきてしまったことに気付きました。だめもとで泊った山小屋に電話をしてみました。すると、そこにちゃんとありました! しかも! 着払いで送ってくださるというのです。 もう大感激。 お礼をいって住所をお知らせしてさらに下山を続ける。しばらくして、山小屋から電話があり、これからスタッフが5合目まで用があるので行きますから、毛布をバスの集合場所までお持ちします~とのこと。

えええええ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほっ、ほんとですかあ~~~~!!!!

富士山で忘れ物をして無事にかえってきた、なんだか不思議な気持ちです。雨にぬれてしっとりした下山道は埃が全く上がらず、マスクもサングラスも不要。リュックもきれいなまんま。
110823_084137_20110824074844.jpg
それに前には気付かなかった道端の高山植物の可愛らしさにも魅了されながら、のんびりと歩くことができました。

富士山、どうもありがとう、また登らせて下さい。

北海道の旅♪その3

先月の北海道の旅日記のつづきです。
旭川空港へ向かう途中、少し時間があったので美瑛駅に降りてみました。そしてまた自転車を借りて緑の丘へ~♪
見晴らし台の横にとっても可愛いガラス工芸品のお店がありました。
DVC00052.jpg
窓から見えた、グリーンの小さな器が気になりました。実は美瑛駅の観光協会にも並んでいたのをみたのですが、できればこの緑の丘の上で買いたいと思い、やってきたわけです。
DVC00029.jpg
お店の方は優しそうなマダムで、いろいろ土地の魅力を語ってくださいました。器と同じ色のクリスタルのペンダントもいただくことにしました。お店のオリジナルだという素敵なポストカードをおまけにつけてくださいました。
お会計を済ませ、品物を受け取り、お礼を言って、出発~♪爽やかな青空に緑が揺れる、まさに『グリーン・グリーン』の世界一面。ふと、さきほどの器の緑色がみたくなって、包みをあけ、空にかざしてシャメタイム。DVC00028.jpg
すると、はるか後ろから

「すみませ~~~~~~~~~~~~~~ん」

と声がします。ふりかえると、さきほどのお店のマダムらしき女性が走ってくるではありませんか。滝のように汗を流しながら、「すみません、さっきお話に夢中になっていて、ペンダントを紙袋に入れるのを忘れてしまいましたと息を切らしながら小さな包みを差し出しました。
しかしまあ、自転車をとめて写真を撮り始めたから追いついてくださったようなもので、もしもそのまま坂道をぴゅーーーーーっと下っていたら・・・・・・こうはならなかったでしょう・・・・(汗)なんだかこの器が、「ちょっと待っててよ」と呼びとめてくれたのかと思えました。

北海道の旅♪その2

上富良野の駅に着いたとき、バスまでだいぶ時間がありました。

駅構内に観光案内所があったので、これからひとりで富良野岳に登るのですが、というと、山の地図や、18時10分に駅に着くバスが最終なので、これに間に合うように下山してください、などなど細かく教えてくださいました。

十勝岳は日本百名山ですが、富良野岳は花の百名山だそうです。

駅の待合室の中にはあちらこちらにラベンダーの束がつりさげてあって、生花も花瓶に山のように入っていました。

生のラベンダーはあまりみたことがなく、わたしがスケッチを始めると、「もうすぐバスが来るからこれを持っていってバスの中でお描きなさい」と、花瓶から1本とってくれました。

登山口につき、降りたのはわたしとシンガポールからのご夫婦だけ。このお二人とは途中で追いつき追いぬきで山頂付近まで一緒に登りました。

硫黄のにおい立ちこめる川を渡り、雪渓をふみこえ、すすんでいくと、足をくじいた女性がガイドさんと一緒に救援ヘリコプターを待っていました。霧が濃く、なかなか来ないのよ、とつらそうでした。

わたしも気をつけねば、と思いつつ、シンガポールのご夫婦といっしょに・・・・・ふう・・・・はあ・・・・・ひいいいい・・・・・・

110725_130547.jpg
山頂付近は高山植物のお花がいっぱいで、それはそれは綺麗でした。これがまさしくヘブン???

そして上から下りてくると、ヘリが豪風とともに眼下にみえました。さきほどの女性はレンジャー隊員に抱きかかえられてヘリから下りてきたフックにつかまり、ぐーーーーーっと上昇。無事にヘリに乗り込みました。

ちょうどわたしの目線の高さにヘリが上がってきて、ぐーーーーっと右旋回で(そう、まるで映画のようなものすごい光景でした)はるかかなたへ飛び去ってゆきました。ぼうぜんとする私は霧がどんどん濃くなり雨も降り始めた富良野岳を急ぎ足で下りてゆきました。

雨はすぐに上がり小鳥がさえずり始め、双眼鏡で鳥たちを観察しながらトコトコすすむ。いっさい、音のない世界。

しーーーーーーーーーーーーーーーん

予定よりだいぶ早めに登山口に到着。駅までのバスを待っていると、俳優の古谷●行さんがオフを楽しんでおられました。とても気さくにお話しさせていただき、お菓子や富良野岳のピンズなどを下さいました。

やがてシンガポールのご夫婦も到着。奥様は少し足を痛めてしまったようでした。

でも、でも!本場サッポロビールで乾杯!!しばし歓談タイム。
北海道大好きリピーターのお二人は、シンガポールのネイチャーマガジンに「日本の観光は安全ですよ」と、記事を書いているとのこと。福島の山などもたずねている。心から感謝したいです。

彼女たちは山の途中にある宿で下りて行きました。またどこかで会えるような気がするのは不思議です。

そしてわたしはバスの運転手さんとお話ししながら上富良野の駅まで戻りました。途中、キツネさんにも会いました。可愛かった♪

無事に18時10分、上富良野の駅到着。職員のみなさんはすでに帰られて窓口にはシャッターが。ふと見ると柱にラベンダーの束と手紙が貼ってあるのが目に飛び込んできました。

あっ!
110731_092625.jpg

なんだかじ~んと胸にきて、目頭が熱くなりました。



北海道の旅♪その1

美瑛の丘を自転車でめぐっていると
虹色の雲をみました。

CIMG2451.jpg

わたしは道端に自転車をとめて
じーーっと見入っていると、30メートル先ぐらいに
軽自動車(たぶんレンタカー)がとまって人が出てきました。
その人は丘の写真を撮り始めたので、わたしは天を指差してまるで「イエ~イ♪イエ~イ」とやっているようなしぐさで虹色の雲の存在を教えようとしました。

すると、その人は車に乗り込み、そのまま出発してしまいました。

もっとわかりやすく、早く教えてあげられれば良かった。

なにせ私自身もあわてて写真をとっていたし・・・。
プロフィール

猫魚姫にゃんぎょひめ

Author:猫魚姫にゃんぎょひめ
魚のしっぽをもつ猫魚姫(にゃんぎょひめ®)をめぐる不思議な世界を描いている水彩画家のブログです。海・空・山・自然・動物・音楽・宇宙・・・・。きらめく陽射しに心を自由に遊ばせて、ここち良いひととき過ごすことができればいいなあ〜(*^。^*)♪ このページを通じて、より身近に猫魚姫(にゃんぎょひめ)たちの作品を楽しんでいただければ幸いです。
~~~~~★
猫魚姫たちの世界in日本橋
日本橋三越本店5階
4月19日~25日
10:30-19:30
何かが起こる!
ワクワクする会場です♪
~~~~~★
猫魚姫たちの世界 in 尾道
★2017年4月1日~16日
10am.-6pm.
★ギャラリー都
広島県尾道市土堂
2-4-10
TEL 0848-22-7706
桜の尾道で素敵な出会いを♪
※こちらは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
~~~~~★


★★★★★★★★★★★
♪猫魚姫の春休み♪
★2017年3月17日~22日
11am.-6pm.
★横浜画廊
横浜市中区元町5-185-5
元町三橋ビル2F
TEL045-681-0177
春の横浜、心ウキウキします♪作品たちもワクワク♪(*^▽^*)
※こちらは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
~~~~~★



★★★★★★★★★★★★

◆ニュース◆
ーーーーーー
【個展】
詳細が決まりしだい、随時アップしてまいりますね!

★★★★★★★★★★★★
※本ページ内容を無断で使用・複写・転用することを禁止いたします。 また、このブログの内容に無関係と思われるコメントは削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
COPYRIGHT(C)2005 猫魚姫(にゃんぎょひめ) ALL RIGHTS RESERVED.

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。